恋愛天使の管理人r

恋愛天使の管理人rが別れさせ屋や復縁屋で働いている恋愛に関する様々な事を人間界に提供しているブログになります。

皆が求める恋愛の悩みを少しでも解消出来る様に参考にして下さいね♪

ラインで相談してみたい方はコチラ

自分と幸せにならないなら、不幸になって欲しい。

コラム

復縁でご依頼いただいている方。

別れさせでご依頼いただいている方。

なんなら不幸になって欲しいとまで、思っている方。

複雑な気持ちを抱えている方が多いです。

 

別れさせたいって、まだ好きじゃないですか?

あわよくば、戻りたいわけですよね。

復縁したいために、今のパートナーと別れさせたいというのは、結構ある事ですし、別れてくれなきゃ復縁できない。

 

人の気持ちなんて矛盾だらけですし、好きな人には幸せでいて欲しいだなんて、綺麗事では片づけられない。

裏腹な気持ちや、相対する感情が渦巻き、矛盾だらけ。

恋愛はそんなものです。

というか、人の感情がそんなものです。

もう、人間に産まれた以上、仕方がないので諦めましょう。

 

そもそも、何とも思っていない相手は、どうでもいいです。

虚無。

興味すら湧きません。

 

怨みや悲しみ、憎しみや悔しさは、何かしらの感情があるからです。

感情が湧くのは好きだからです。

一時だったとしても、勝手な期待なんてしたから、怨みに変わるんです。

認めてしまえば、何とも単純な理由なんですよね。

元恋人に抱く感情の根底にあるのは、「まだ好きだから」です。

いいと思う感情も悪いと感じる感情も同じです。

まだ好きだから。

 

同じ好きだからなんですが、ご自身がどう捉えて、どの様に表現していくかは、人それぞれ違います。

素直になれない方も多いですよね。

でも、素直になれなくなった事にも、何かしらの理由や原因がある方も多いです。

上手くいっていた事が上手くいかなくなった理由も、ご自分を紐解いていくと見えてくる事もあります。

 

単に自分の気持ちが矛盾していると焦らず、大元は同じ事であると気付く事が出来ると、スムーズに受け入れられます。

表面に浮き上がる気持ちと、根底にある感情は同じものとは限りません。

感情には相互関係がありますし、どの感情がどの感情に繋がるか?というのは、人によっても違います。

なので自分を知る事は、大切な事なんですよね。

 

どす黒い気持ちを抱えたまま動けないなら、いっその事復讐でもしたらいいんですよ。

もちろん法律を犯すような事はしてはいけませんけどね。

自己満足でいいんだから、やりたいようにしたらいいんです。

ただし因果応報はありますし、後味が悪くなっても自分のせいです。

 

やられる方もそこまで恨まれたという事は因果応報なので、受け入れるしかないですね。

誰だって人を恨みたいなんて思わないですし、復讐なんて何も生まないし労力もかかるから面倒くさいです。

そんなことはやる側もわかってて、その上でもやらなければ気が済まない所まで追い込まれてしまっているんです。

そこまで追い詰めたのは、他でもない自分だと思うしかありませんね。

 

そんなわけで。

なのかはわかりませんが、恋愛はいい事ばかりではありません。

人を好きになる、誰かや何かに勝手な期待をする、希望を持つことも、また然りですが。

相手に嫌われるかもしれないし、ひどい目に合わされるかもしれない。

人と関わるという事自体が、その可能性たちを十分に秘めているとも言えますしね。

特に感情というのは、人間のエネルギーの中では特に大きなエネルギーを放ちます。

負の感情というのは、更に強烈なエネルギーになってしまいます。

 

相手の気持ちを考える。

人を傷つける事はなるべく避ける。

自己中心的にならない、嘘をつかない、騙さない、虐げない、蔑まない、驕らない。

たくさんありますけど、大体のことは道徳の授業で習って来ましたよね。

 

わたしはミステリー小説が好きなのですが、小説でも大体が因果応報。

何年も、何十年経っても、一度芽生えた負の感情が復讐に向かわせる事はよくある事です。

「あんなことで?」

「もう昔の話なのに?」

は通用しません。

伏線は回収するためにあるんですからね。

その伏線を自らの手で張ってしまったんですから、諦めるしかありません。

 

誰にも関わらずに生きていくことができない以上、新しい人とは不幸を祈られても壊れない関係を作る事。

相手に爆弾を作らせる材料を自ら作らないよう、自分を律する事。

周りや世間に顔向けができないような秘密をつくらず、何が出てきてもダメージを食らわない自分であり続ける事。

そうしておけば、相手はどれだけ手出しがしたくてもできませんからね。

コメント