恋愛天使の管理人r

恋愛天使の管理人rが別れさせ屋や復縁屋で働いている恋愛に関する様々な事を人間界に提供しているブログになります。

皆が求める恋愛の悩みを少しでも解消出来る様に参考にして下さいね♪

ラインで相談してみたい方はコチラ

ユリゴコロになれていないから。

人生

沼田まほかるさんの著書に「ユリゴコロ」という小説があります。

吉高由里子さん主演で映画化もされているので、ご存じの方も多いかと思いますが。

 

「ユリゴコロ」とは、以後殺人鬼になる幼い頃の主人公が

「あの子にはユリゴコロが無いから、、」

と話されていた事を聞いて「ユリゴコロ」を探すのですが、「ユリゴコロ」とは「拠り所」の聞き間違えでした。

悪い事をしようとした時に浮かぶ、悲しませたくない人の顔の事を、この作品では拠り所「ユリゴコロ」と表現しています。

 

「浮かぶ顔がないから、ストッパーがなく悪い事をしてしまう」

逆もしかりで

「喜ばせたいと浮かんでくる顔があるから踏ん張れる」

ある意味人間の本質であると思います。

小説と映画ではだいぶ印象の違う作品になっていますが、書評を書きたいわけでもなく、映画レビューを書きたいわけでもないので、気になる方は読むなり観るなりしてみてください。

 

恋愛においても、ユリゴコロになれていないから浮気をされます。

大事にされないのも、雑な扱いをされるのも、気持ちを考えてもらえないのも、相手にとってあなたがユリゴコロではないからです。

 

逆にユリゴコロの存在を若い内に認識できた人は、自分1人の幸せではなく、相手を含めた上での幸せを目指すので、お金を稼ぐ能力を身に付けたり、本当の意味で強かったり優しかったりします。

母子家庭の男の子などはいい例だと思います。

 

ユリゴコロとは、傷つけたくない人、守りたい人、裏切れない人、悲しませたくない人です。

自分の欲望や弱さや狡さに対抗する、自分ではなく、自分以上に大切にしたいと思える存在がいる事を、いかに早く認識できたか。

ユリゴコロを持っていない人とは恋愛しない方が身のためですね。

大体クズですから。

そして、あなたをユリゴコロにしてくれる相手を選べるか、なれるかどうかが、恋愛の明暗を分けます。

 

あなたの泣き顔を見たくない人は、傷つけるとわかっている事をわざとする事はありません。

絶対に。

浮気、暴力やモラハラ、ストーカー行為や過度な束縛など、あなたが悲しむ恐れがある事を、しないのではなくできないんです。

あなたが苦しんだり悲しんだりする事は、自分が苦しむよりも悲しむよりも更に上なのですから、できるわけがないんですよね。

 

それでも自分の欲望で動く人はユリゴコロがありませんので、今すぐ駆け出して、探しに行ってください。

ちょーダッシュして欲しい。

 

ユリゴコロを持たない人が恋人なら、今すぐ慌てて、巻きで逃げ出してください。

ちょーダッシュで。

 

一生持てない人もいるのでね、ユリゴコロ。

自尊心をゴリゴリに削られて、ボロボロにされてもいい覚悟を持てる人だけ残りましょう。

わたしは逃げます。

ではごきげんよう。

コメント